« 創作の9月 | トップページ | ジムの夏、最終決戦!!(ジム改製作日記パロディ) »

ある初秋の昼下がり/小説の登場人物

まだ残暑の残る日々が続きますが、すっかり秋の空ですね。

日差しもどこか柔らかく、時折吹く風も涼しく、心地よくなってきました。・・・台風12号で、大きな被害を出された地域の方々には申し訳ないですけれど、初秋ののどかな一日を満喫させていただいてます・・・。

・・・夜勤に備えて寝るのがもったいないくらい気持ちのいい昼下がり。

猫への反応のいいエトさんのために・・・。

Dsc_0622598

地域住猫(仮)さんのお子さんです。実は台風が来る前後数日行方不明になっておりました。

親猫が必死で探していたのですけれど、見つからず・・・。諦めていたのですけれど・・・。

いえ、今日庭で普通に遊んでいたので一安心。

Dsc_0617599

親猫も呑気に日向ぼっこしてました・・・。地域住猫(仮)さん撮影されるの嫌みたいで、あまりいい絵が取れなかったのが残念ですが、仔猫が無事でよかったですね。

風に飛ばされて、迷子にでもなっていたのかな・・・?

さて、話は変わって、創作小説のお話・・・。

吉乃さんからのプレッシャーを感じつつ、のほほんと進めてるのですけれど、やはりというか当然というか、クラスメイト役の立候補がいない・・・。

分かってましたよーだ・・・。

まあ、こっちから頼めばOKしてくれそうな方たちはいますけれど、今回の役柄が脇役であると、あまりよろしくないがために、こっちから頼みづらかったのですよね・・・。

仕方がないから、手持ちのキャラから友人二人は出すとしましょう。最初からそうしろと、言われそうですが、この話は知り合いをバリバリ出す話にしたかったけど・・・。

でも、吉乃さんの言うとおり人に自分のキャラいじられたり、変な設定つけられたり、地名にされたりするのは、確かに良くないかと・・・。そこで。

友人A『勝気でお馬鹿』役をSkyllaさん。

Psu20110906_130510_013600

友達を増やそうと、まれに使っているキャラクター。実際には主力とアカウントから違うのでこのキャラで会っても、次ぎに会うことはまず無いという、とても意味の無い行動をとっている不幸な子です。

Psu20110906_130124_012601

小説中では、スキュラ・アルタミラという名前で登場。

わたしは小説の中ではPSUでの身長、体重はとりあえず無いことにして、細かい数値を出さず、小柄とか、スタイルが良いとか、そういった表現しかしないつもりです。

基準はメリアさんなので、この子の場合メリアさんよりやや背が高く、スタイルが良いという表し方になるのかな・・・?

性格は勉強は出来ないけれど、明るくムードメーカー的存在。学校モノでは絶対必要な脇役ですよね。会話文も相当多くなりそうです。

次に、おとなしい子の友人B役にSalamisさん。

Psu20110906_131957_024603

わたしも作って忘れていた、不幸なキャラクター。名前は有名な宇宙巡洋艦から、それだけに脇役として生まれるべくして生まれた子とも言えるでしょう。でも、最後まで生き残ってるのはきっとこんな子です。

Psu20110906_131709_022604

小説内では、サラミス・モガミとして、ロリ担当。

適任者は友達にもいるけれど、頼みづらいし、使いにくい・・・。わたしの知り合いの小さい子は、みんなすごく強力なキャラクターだったりするので、銃の分解整備も自分で出来ないような子の役にするのは申しわけなくて・・・。

昔の知り合いのキャラを勝手に使うのも考えたけど、もういいや・・・。

以上2名とメリアさんの3人を核に話は進みます。。

後は男子生徒ですけれど、結局これも、適当に漫画やアニメのキャラをミックスして創作するとしましょう。

指導教官にはレオジーニョやネーヴ先生でいいよね。

今秋中にはできるかな・・・?え?今週中の誤字じゃないよ!?

Dsc_0630605

とどめの一枚。川の字でお昼ね。地域猫一家。一番左から、いつまでたっても自立しない通称ニート猫。パズルのようにはまっている仔猫、椅子の真ん中を絶対に譲らない、地域住猫(仮)さんです。

|

« 創作の9月 | トップページ | ジムの夏、最終決戦!!(ジム改製作日記パロディ) »

ぼやき日記」カテゴリの記事

コメント

奮闘中、おつかれさまです。
私のキャラクタ、どしどしお使いください。
使いにくいですか?(笑)
幻のミュラ様キャラの素顔が見れるのですね。
楽しみです。
吉乃兄妹を是非起用ください(爆)
なんてね。(笑)

投稿: 吉乃 | 2011年9月 6日 (火) 23時41分

友達役にネッコ姉妹借りようかとは考えたんですよ!?でも、どうしても会話が成り立たなかったんだ・・・。

投稿: ミュラ | 2011年9月 7日 (水) 12時34分

(「'ω')「みゃ〜!!
猫ぉぉぉおぉぉぉ!!

私のキャラも遠慮無く使ってくれてもいいのに〜

エトはどんな役でも出来ますよ!
お馬鹿キャラは無理ですけどね

投稿: エトワール | 2011年9月 7日 (水) 19時24分

毎度の事ながら、うちのもどうぞお使い下さい。
しかし、内容的に出番ない、かな?;

投稿: をあさ(ヘビーガン) | 2011年9月 7日 (水) 23時35分

ありがとう、皆さんのご協力に感謝です。では、教官にヘビーガンさん。男子生徒の一人に・・・フェイト君を借りますね。

投稿: ミュラ | 2011年9月 8日 (木) 01時09分

アレク「お、俺もいいぞ…(笑)」
   「ミュラちゃんの小さな手でこねこねした
    お団子が食べられるのなら…(爆)」
クレア「あ、お兄ちゃんばっかりずるーいぃ!!」

だ、そうです(爆)

投稿: 吉乃 | 2011年9月 8日 (木) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある初秋の昼下がり/小説の登場人物:

« 創作の9月 | トップページ | ジムの夏、最終決戦!!(ジム改製作日記パロディ) »